--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/20 (Mon) 06/19のツイートまとめ

tomo_kanamaru

ある有機農家さんは、無農薬栽培が無理とか、できるが虫食いはやむを得ないという方が居るが、それは技術の問題だ。と言う人も居たよ。@r107263
06-19 23:54

基本的にそう言うところは、自分達で営業販売だね。顧客を持っていて通信販売やネット販売。生協に卸してたり自然食品店が取ってくれたり自分で販売先を持っていたり直接レストランや喫茶店に出荷したり。加工品販売してるところもある。@r107263
06-19 23:31

それと害虫によっては、育て方次第で、無農薬栽培のほうが虫が着きにくかったりする。 @r107263
06-19 23:24

三重の私立愛農学園は、無農薬で教えてて高校生が作った作物で収益も出してる。韓国のプルムは、姉妹校でここも無農薬栽培。@r107263
06-19 23:22

こないだ行った高知では、素人の人が家庭菜園で虫食い一つないピカピカのレタス作ってたし、レモンは、素人でも完全無農薬で簡単に作れる。福岡の古野さんは合鴨農法で完全無農薬で米を作ってる。奈良の月ヶ瀬健康茶園は、完全無農薬でお茶を作ってる。@r107263
06-19 23:18

ごめん完全無農薬ってサトウキビの?それともさっき言ってた野菜とかそれともそれ問わず全体の作物で?@r107263
06-19 22:51

今日は、八王子の磯沼牧場で牧場の料理会。父の生徒の明治大学の女生徒を呼んでやりました。久しぶりに馬場香織先生と仕事。馬場先生の本て7万部も出てるらしい。今日父に聞いて驚いた。実は馬場先生のお父様もベストセラー作家で、20万部も売っている。
06-19 22:42

実は、中国は農薬の事でいままで沢山叩かれたのもあって、国でオーガニックのブランド化を目指した農業を頑張っている。中国ももしかしたらいずれ日本にも負けないようなオーガニックブランドを築くかもしれない。
06-19 22:36

父も合鴨農法の古野さんに久しぶりに会いに行ったのだが、今はなんと日本を含め10ヶ国以上に指導に行ってると言うから驚き。中国はなんと古野さんの合鴨農法で今20万ヘクタール自然栽培で米を栽培しています。これが20倍の価格で売れてるとのことです。
06-19 22:30

【セヴァンの地球のなおし方】公開まで7日http://t.co/zSLPm6R 合鴨農法の古野さん出演します。僕はこないだ福岡まで古野さんに会いに行きましたが、古野さんは、無農薬、無科学で合鴨を使って米作りをしている方です。
06-19 22:25

@kirie3838 じゃあ次「田舎力」いかがですか
06-19 21:26

キビの話し?@r107263 一番最初に土壌を整える時に使ってると思うけど。完全に無農薬?
06-19 19:52

でもそれって技術や土地しだいだよ。キーコーヒーは、有機の砂糖とガムシロップ出してるよ。@r107263 比較的あまり手のかからないサトウキビでさえ、植えるときに農薬を使わないとダメ。無農薬だと成長しないし、味も甘くないし、虫が大量に発生する。まして敏感な野菜となれば…
06-19 08:36

いゃあいままで明るすぎたからちょうど良いと思う。徳之島なんて月が出なかったら自分の手も見えなかったよねw@r107263 以前の東京がどうだったのか知らないけど、なかなか良い趣を出していないかい?今の暗さは
06-19 07:12

今日トライアスロンで使うウェア、シューズ、ペダル、メットだとか他にもいろいろ買いに行ったが高いよ!高すぎる!こんなに高い買い物したら何度も出場しないともと取れないよ!まいったね!
06-19 01:31

今日代官山に食事に行ったが、夜8時には街が暗くて驚いた。こんなに暗いの!?と思った。渋谷も暗くて驚いた。あんな暗い渋谷初めてみた。
06-19 01:28

走行実況 | trackback(0) | comment(0) |


<<06/20のツイートまとめ | TOP | 06/17のツイートまとめ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tabisurukanamaru.blog21.fc2.com/tb.php/387-eb47271c

| TOP |

プロフィール

kanamaru tomohiro

Author:kanamaru tomohiro
金丸ともひろ
1988年9月17日 生
東京都 出身
2010年4月7日に東京を出発

父(金丸弘美)が食環境ジャーナリストと言う仕事をしていて、そのせいか小さい頃からとても食に興味があります。
将来は食に関わる仕事がしいと思い、若い内に直接自分の目で食べ物ができる所から見てみたいと思い日本各地の農村漁村などを自転車で廻ってきます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。