--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/04/11 (Mon) 徳之島


1月11日祖母の家を後にして僕は、鹿児島県大島郡の離島、徳之島に向かいました。
徳之島までは、自転車や荷物を担いで電車で移動。
その後、鹿児島中央駅で一泊した後、船で徳之島に渡りました。
船は1日1本、夕方6時に出ていて、15時間で着きます。

徳之島に着いたらすぐに自動車屋の友人の所に行って、車を借りてきました。
実は、中学1年生の頃から4~5年徳之島に住んでいたんです。

車で親戚の家まで行き、その後友人と集まりカラオケをしました。
母型が徳之島なので親戚も大勢居ます。

徳之島に残って居た友人は、6人ほどでした。
徳之島には、高校までしか学校がなく、主な収益は、農業です。
そのためほとんどの子供達は、高校を卒業後、島外の大学や専門学校に入学後、本土に就職します。

なので正月などの時期にしか皆が島に居ることがないので、正月中に島に来たかったのですが、今回は無理でした。

次の日12~4月中は、サトウキビの収穫期だったのを思い出し、アルバイトをしようと思い母に知り合いを当たってもらったら、なんとすぐに見つかったのでその日の内にすぐに会いに行きました。
働かせてくれる事になったのは、奥様が母の友人でサトウキビの機械狩りをやっている永治さん家。
働いてる間家にも泊めさせて頂いた。
徳之島には、約1ヶ月いたが、着いてすぐに永治さんの所に行ったので、徳之島でのほとんどを永治さん御家族と過ごした。
お陰でサトウキビも沢山の事を学べた。

また、永治家の家紋が母型の家紋と同じで遠い親戚だと言うこともわかった。
しかも永治御夫婦が僕の大叔父の元教え子だったと言うこともわかった。

永治家のみではなく、製糖期間中は、収穫に追われ機械狩りのサトウキビ農家に休みはない。
それは、サトウキビの機械を持ってる人達には、他のサトウキビ農家からもサトウキビを狩る依頼がくるからだ。
そのため永治家は、製糖期間中のほとんどを外食ですませてしまう。
そこで永治家に居る間夕御飯を僕が作ることにしました。

日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<04/11のツイートまとめ | TOP | 04/09のツイートまとめ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tabisurukanamaru.blog21.fc2.com/tb.php/342-241a4958

| TOP |

プロフィール

kanamaru tomohiro

Author:kanamaru tomohiro
金丸ともひろ
1988年9月17日 生
東京都 出身
2010年4月7日に東京を出発

父(金丸弘美)が食環境ジャーナリストと言う仕事をしていて、そのせいか小さい頃からとても食に興味があります。
将来は食に関わる仕事がしいと思い、若い内に直接自分の目で食べ物ができる所から見てみたいと思い日本各地の農村漁村などを自転車で廻ってきます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。