FC2ブログ
2010/11/09 (Tue) そして食中毒

一関を出て、宮城県仙台へ向かって走っていると、古川に入ったところで、雨が降ってきました。
とても良いタイミングでブックオフがあったので、そこで立ち読みしました。
入ってすぐに通った辞書のコーナーに「早わかり中国料理全書」と言う本があり、すかさず手にとりました。
このときは自分で、意識して通ったわけでもないのに、漢字辞書しか並んでない辞書のコーナーに埋もれてる地味な中国料理全書によく目が止まったなあ・・と我ながら凄いとおもってしまいました。
その後は、ずっと中国料理全書とにらめっこしてました。
凄く欲しくて、旅の間読もうかと思ったんですが、人を撲殺できそうな厚みと大きさと重さがあり、あきらめました。
しかも中古で15000円もするんです。
ちなみに内容はひたすら字だけの料理本で、辞書のような感じで、あいうえお順で料理名とその料理の材料や手順がひどく簡素に書かれています。
分量とかもあまり載ってなくて、酷い時はこういう料理、と言う説明だけで、材料も載ってません。
ですが僕としてはこういう本が一番わかりやすくて見やすいです。
たらたらと回りくどい説明があると時間がかかってしまうし、イライラしてしまいます。
簡潔なほうがわかりやすくて良いです。
そして、3時だったのに、中国料理全書にかじりついている間に6時になっていて、外はまだ雨が降っていて寒いので、外食をしたのち、近くのカラオケボックスにフリータイムで入って泊まりました。
勿論夕飯は中国料理食べました。
カラオケは初めて一人で入りましたが、恥ずかしいですね。
でももったいないので一応歌っときましたよ。
フリータイムはワンドリンク+800円で、熱燗を頼んでその日は寝ました。
翌日起きてみると、酷く寒く、悪寒がして気分も悪かったです。
どうやら熱があるみたいでした。
フリータイムは朝5時までだったので、2キロ先の24時間のファミリーレストランへ入って、とりあえず座って寝ました。

7時頃起きてトイレへ行くと、酷い下痢で、食中毒に当たったことに気がつきました。
前にも食中毒に当たったことがあり、すぐには治らないことを知っていたので、夕方までそこに居て、その後近くのビジネスホテルに泊まりました。
3日はそこに泊まったのですが、いつまでも泊まってるほどの路銀に余裕がないので、ちょっと体調が良くなった僕は、チェックアウトして、ネット喫茶へと移りました。
そこで3~4日過ごし、大分体調が良くなったので、仙台へと出発しました。

日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<山形 | TOP | 八木澤商店>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tabisurukanamaru.blog21.fc2.com/tb.php/289-466088d4

| TOP |

プロフィール

kanamaru tomohiro

Author:kanamaru tomohiro
金丸ともひろ
1988年9月17日 生
東京都 出身
2010年4月7日に東京を出発

父(金丸弘美)が食環境ジャーナリストと言う仕事をしていて、そのせいか小さい頃からとても食に興味があります。
将来は食に関わる仕事がしいと思い、若い内に直接自分の目で食べ物ができる所から見てみたいと思い日本各地の農村漁村などを自転車で廻ってきます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター