--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/09/25 (Sat) 事故りましたwww

SH350010.jpg
昨日、宮古を昼に出て大槌に入ったところで、歩道を軽快に下っていたところ、カーブを曲がったところで急に歩道が切れて階段になり、車道への道は30~40㎝ぐらいの高い段差。慌ててブレーキをかけたら40キロ以上出てた上に後ろタイヤは前に取り替えたオフロードタイヤで、もう凸凹がすべてなくなっていてツルツル。
そのうえブレーキパッドが大分薄くなってくたびれてました。
つまりブレーキの効きが悪くてそのまま道の真ん中のガードレールへと突っ込んだのです。
SH350011.jpg

しばらくぽかんとしました。2分ぐらいに感じましたが多分ぽかんとしたのは、10秒ぐらいです。
立ち上がって自転車はそのままほって置いて、歩道の段差にドスンと座り込み僕はすべてを吹き飛ばしそうな大きなため息をつきました。
するとすぐにそれを目撃していただろう車に乗っていた男性の方が、車を止めて大丈夫かと声を遠くからかけ、僕のほうに駆け寄って来ました。
僕はそれでなにかを思い出したかのように立ち上がり、自分が事故を起こした事を思い出して、足踏みをして肩を回して体が動くか確認しました。どうやら動くようです。
奇跡的にも左小手と右膝に擦り傷があるだけですみました。
確認を終え、声をかけてくれた方に人事のように「大丈夫みたいです」と苦笑で答えました。

その方に手伝って頂いて自転車を起こし、階段の下に落ちていった自転車のライトを拾いあげたら自転車を確認しました。
確認して驚きました。Mrs.ジャイコ(自転車の名前)のハンドルは、まるでエクソシストに出てくる幼女の首と見紛うばかりにあらぬ方向を向いています。
右手ハンドルはぐにゃりと可動式になってしまい、前ブレーキはワイヤーを噛ませるところが変形していて効きません。
フロントキャリアは波を描いて折れ曲がり、二カ所ほどポールの溶接部が折れています。
さらにスポークも曲がったのか走るとぐにゃりぐにゃりと前に進みます。

二人でキャリアとハンドルを力任せに引き戻し、なんとかそれらしくなりました。
大槌の自転車屋まで案内しようかと尋ねられましたが、もう4時すぎで、せめて少し大きめの釜石と言う町まで行きたかったうえに、自転車もどうみてもすぐに治りそうにないため断りました。
それにこの自転車でとても夜道は走れないし、大槌に宿泊施設や連泊出来そうな公園や空き地などがあるかも不安だったので早く町まで行きたかったです。
それと前に愛知県の蒲郡で仏式のチューブを探すのに苦労したのを思い出すと、ここの自転車屋にこの自転車を持って行ってどうにかなるかはとても不安でした。

後ろブレーキだけを使ってとろとろと山の中を上り下りし、4キロほどで釜石につきました。目的まで後ちょっとで助かりました。
町に着いたらホッとしたのか緊張が切れてドット疲れが沸きました。
そのうえこのあとMrs.ジャイコを修理しなくては、と思うと余計に疲れます。
外は寒いしまだ5時だと言うのに暗くなり初めていて、僕はもう何処か泊まることにしました。
ネット喫茶はないみたいだったので渋々ビジネスホテルに泊まりました。
旅に出て自分から泊まるのは今回初めてですね。朝食付き7000円でちょっと高かったです。
でももう昨日は、値段なんてどうでも良いからとにかく早く休みたいと言う気分でした。

SH350012.jpg
そして今日は晴れと言っていたのに雨で風も強いうえに偉い冷えます。
そして自転車屋に行ったらお店の奥さんらしき方が見えられ、第一声に「今日居ないのよ」と言われ、僕は恐らくお店の主人のことだろうと思い、「いつ御戻りになられますか?」と問うと、明後日まで戻らないと言われました。
やっぱりお店の主人のことだったみたいです。
修理できる人が居ないのにお店が開いてるとこら辺はいかにも田舎の自転車屋と言った感じで苦笑しました。
SH350016.jpg

なので自転車屋は諦め、ありもので自分で治し、キャリアは鉄工所にでも持って行って溶接して頂いて、しばらくこのまま行ってみようと思ってます。
SH350018.jpg

でも今、雨で何処も行きたくないのでまだなにもしてなくてモスバーガーに入ってだらだらしてます。
ケーキ食べたいと思いましたが10時じゃ喫茶店どこも開いてないらしく、あまり移動もしたくないので近場のモスに入りました。
そして釜石の商店街は長いのですが、シャッター通りでお店が無きにしもあらずと言った感じです。

昨日はお昼食べている間に自転車に積んであった食料を落花生とアーモンド以外全てカラスに袋ごと持ってかれるし、事故は起こすし、釜石に着いたらこないだ出した携帯の見積もりの電話がきて、修理に一万五百円かかるんだとか。
しかも中のデータは全て消えてしまうそうです。
中のデータが消えると言うことは、恐らく修理するのではなくて中身を取り替えるんでしょうね。
消えるのではなくて中身が替わるのでしょう。

厄日とはまさに昨日のような日の事を言うんでしょうねw

旅の前 | trackback(0) | comment(3) |


<<三陸 | TOP | キャンディースピーカー>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

災難やけど体が無事でまずは安心です。


悪いことがあるから良いことがいっぱいある!
頑張れ!

2010/09/25 18:08 | たにーと [ 編集 ]


頑張って 

今は辛いかも知れないけど体は元気なら大丈夫!
金丸君ファイト!

2010/09/26 01:45 | カトウ [ 編集 ]


 

大丈夫。命あるなら。大丈夫。
たいした事無いよ。

『大けがする前に注意しなさいよ。』と誰かに言われたんだよ。

2010/09/26 10:41 | Salt. [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tabisurukanamaru.blog21.fc2.com/tb.php/282-b2bc36eb

| TOP |

プロフィール

kanamaru tomohiro

Author:kanamaru tomohiro
金丸ともひろ
1988年9月17日 生
東京都 出身
2010年4月7日に東京を出発

父(金丸弘美)が食環境ジャーナリストと言う仕事をしていて、そのせいか小さい頃からとても食に興味があります。
将来は食に関わる仕事がしいと思い、若い内に直接自分の目で食べ物ができる所から見てみたいと思い日本各地の農村漁村などを自転車で廻ってきます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。