FC2ブログ
2010/07/15 (Thu) 利尻山登頂


昨日の夜は旅人どうしで集まって夕飯を囲みました。
8人くらい居ましたかね。
僕がパスタをつくりましたが、皆男性で、全員旅人なもんだから食べるわ食べるわw
結局3回作りました。
もうフライパンにいっぱいいっぱいで、振るのが大変でした。

僕が買ったワインを飲んで、その後、発泡酒で乾杯して。
もうささっと寝ました。11時。

そして今日朝、4時に起きて朝食。
みんな朝食早い!
僕だけパン焼いてお茶沸かしていたんで、ちょっと遅かったです。
そして昨日僕が作ったジャムをみんなで使いました。
道の駅絵本の里けんぶちの直売所に、ルバーブが売ってたんで買ってみたんです。
一度使ってみたかったんですが、売ってなくて、手に入らなくて、使えなかったんです。

それでジャムを作ってみました。
酸味の効いたフキのようなサトウキビのような茎の植物です。
生ってるところはまだ見たことがないです。

ルバーブと前に採ったミント、水、レモンの皮、マクドナルドで頼んだコーヒーに付いてきたスティックシュガー4本、ムーミンが「使わないから沢山使って良いよ」と言われ蜂蜜。
それを煮詰めて作りました。いやあ‥大成功です。
マーマレードに似た風味の味わいでした。

旅しててジャム作ってる人初めて見たって言われましたけど、僕もまさかジャム作ると思わなかったですw
でも材料あるんだから作るしかないですw

利尻山は5時10分ぐらいに出発しました。
皆さん出発早くて、僕はかなり後のほうの出発になったんですが、かなりペース早かったみたいで、30人くらい抜かして、登頂したら本日三番目の登頂でした。
ちなみに一番はムーミン。
二番目は登山家の人。
四番目は一緒にキャンプしたライダーのお兄さん。

登山口とか持ってなかったんで、奈良で文明さんに頂いた地下足袋で登りましたw
月ヶ瀬健康茶園で働いたときの物です。
そしてザックはインドのブランケットに、タオル、500ccのペットボトル、お菓子、パン、レインコート、4ミリ4メートルのザイル、火打ち石、ナイフ、地図を包んで結んで背負いました。
肩も居たくなくて、体にフィットしてなかなか使い心地が良かったですが、手を離していると首がちょっと苦しいのと、常にマフラーしているような感じでした。
そして荷物を出して、また締まって背負うまでがちょっと面倒です。
ですが、頂上まで行ったら日差しを避けるのに被って使ったり、肩掛けに変えたりもできます。

ムーミンにはどっかの民族みたいって言われましたw
そしてムーミンのザックはギターケース。
今日山で僕らは話題をさらって、ちょっとした有名人でした。
物凄いペースで登るギターケース背負った兄ちゃんと、物凄いペースで登る地下足袋でふろしき背負った兄ちゃん。
頂上に登って来る人に「お!さっきの地下足袋の兄ちゃんじゃん!」と言われ、下るときは先に行ったムーミンとすれ違った方達が、さっきギター背負った兄ちゃんが通ったよ!
と言って、「ああ!それ連れです。彼はギターケースで、僕はふろしき、地下足袋ですw」とか言ったりして。

くだりはかなり早いペースでくだって、五合目からはキャンプ場がある三合目までノンストップで走りました。
通常8時間のコースを僕らは6時間ぐらいで登って、下ったみたいでかなりはやかったです。

くだりのときはリスも見えたりして凄く楽しかったですね。
ですが登りが一番楽しいです。もうワクワクしっぱなしですね。
雲の上は最高景色でした。
ですが、皆さん本格的な山登りの格好してるのに、僕らだけギターケースに地下足袋でしたから凄いウケました。

旅の前 | trackback(0) | comment(2) |


<<礼文島 | TOP | 利尻山>>

comment











管理人のみ閲覧OK


ダイエット 

贅肉なしになったでしょう。月ヶ瀬のときより体重へったようですね。

2010/07/17 19:13 | YUしゃん [ 編集 ]


 

月ヶ瀬に居た時より痩せましたねw
もう毎日強制的に痩せますw

2010/07/18 23:00 | 金丸ともひろ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tabisurukanamaru.blog21.fc2.com/tb.php/250-09abcb73

| TOP |

プロフィール

kanamaru tomohiro

Author:kanamaru tomohiro
金丸ともひろ
1988年9月17日 生
東京都 出身
2010年4月7日に東京を出発

父(金丸弘美)が食環境ジャーナリストと言う仕事をしていて、そのせいか小さい頃からとても食に興味があります。
将来は食に関わる仕事がしいと思い、若い内に直接自分の目で食べ物ができる所から見てみたいと思い日本各地の農村漁村などを自転車で廻ってきます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター