FC2ブログ
2010/06/07 (Mon) 妥協と諦め

よく荷物多くない?と、いろんな人に言われますが、一生懸命減らしたんです。
初めての長旅なので、上手く荷造りできてないところもありますし、旅出てからも減らした荷物があるので、
これからもあるかもしれません。
でも、今でも他にも持って行きたい物は沢山あって、結構ギリギリです。
絶対持って行きたかった調理器具一式や、調味料各種は少ないですが、なんとか持ってきました。
CA390590_20100607104045.jpg
写真には友人ムーミンのストーブ(コンロ)とハンゴーも入ってます。
コールマンの折りたたみフライパン(日本未発売の大型のもの)、
スノーピークのチタンクッカーセット、スノーピークのチタン製マグカップ、
100均のアルミ製トング、100均のステンレス中華箸(愛知県のキャンプ場にて失う)、
コールマンの調味料ボックス(各種調味料)、MSRのドラゴンフライ、スノーピークの折りたたみテーブル、
ブラストマッチ(現代版火打石)、オピネルのナイフ(愛知で錆びるし、切れ味悪いし使えないので実家に送り返す)
、アルミのパーコレーター(アンティーク品の為メーカー不明)、シザーマンのナイフジュース(オレンジのやつ)
、小さいザル、100均の小さなすり鉢とすりこぎ。

ダッチオーブン
当初、自転車には10ポンドのダッチオーブンを積もうとも思ってました。
ですが届いてからあまりにも大きかったんで諦めました。そして重過ぎました。。
ですがあれがあればケーキも焼けるし、グラタンもできるし、オーブン料理なら大概できるんで、
持って行きたかったです。でもダッチオーブンが使える火もなかな手に入りません。

ハーブ栽培
プランターを二台に積んでハーブを三種類ほど育てながら行こうとも思っていました。
タイム、バジル、ローズマリーなど。。
タイムは冷蔵庫がなかった時代に保存料として使ってたこともあって、保存に。
バジルは体に塗れば蚊よけになるし、火にくべても効果があるかもしれません。
ローズマリーは単純に使い勝手が良いので。
勿論どれも料理で使います。ですがやはり移動しながらだと栽培が難しいし、
途中で転んだりしたら土もこぼれてしまうし諦めました。

ぬかどこ
「ぬかどっこ」さんのぬかどこも持って行こうと思ってました。
タッパーに入れて、保冷バッグに入れればなんとか。
ですが夏になればやっぱり相当暑くなってしまうので諦めました。

蜜蜂の巣箱
蜂の巣箱を二台に積んで、採蜜をしながら走ろうとも思っていました。
蜜蜂が大好きで、これは本当にやってみたかったです。
ですがそうなると一回一回同じ場所に停泊しなければいけなくなるし、蜂にも刺されてしまうかもしれないですし、
やはり蜂が逃げてしまうと思うし、なにより素人にはちょっと難しそうなんで諦めました。
いつかやりたいです。

Hobo stove (ホボウストーブ)
放浪者、ホームレス、バックパッカーに使用される簡単な作りの焜炉。
元々は空き缶に穴を空けただけのもので、紙や木材などを燃料に使う物。
現在は商品化された物もあるんですが、日本ではあまり種類が出回ってなく、重かったりかさばったりする物が
多いので諦めました。いつか海外に行った時に気に入った物を買いたいです。
セカンドストーブとしてこれを使いたかったです。ですが静岡県の金丸山(野田山)でも使ったように、
必要に応じて即席で作って使っています。

狩猟免許
狩猟もしてみたくて、自由狩猟と言うこん棒を投げつけたり叩いたり、パチンコでしとめたり。
そういう型にはまらない狩猟をしてみたかったんですが、免許取ると税金もかかるし、
獲って良い動物と獲っちゃ駄目な動物を覚えるのも大変そうだし(だって全国ですからね)、
独学じゃなかなかしとめられるようになるまで時間もかかるし、狩猟ってやっぱりお師匠さんが必要なんですよ。
自由狩猟のお師匠さんなんてまず見つからないですしね。
それに狩猟のさいは市区町村に申請も出さなきゃいけないし。。
なので諦めました。蛇や昆虫で我慢します。

北京鍋
揚げ、茹で、炒め、蒸し、あらゆることに使えて、頑丈で錆びにくいです。
「ささら」と言う道具で洗って、洗剤も使わなくていいし、荒っぽく使っても大丈夫です。
ただ、ちょっと重くて嵩張り、外で使うと火が通りにくく、使用を諦めました。

こんなのを三年前からこつこつ計画して考えてました。
他にも沢山あったと思うんですが、思い出せないですね。
また思い出せたら書きたいですね。

旅の前 | trackback(0) | comment(0) |


<<前回書いた日記の寒冷紗についての訂正 | TOP | 調味料ボックス>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tabisurukanamaru.blog21.fc2.com/tb.php/170-e61f0864

| TOP |

プロフィール

kanamaru tomohiro

Author:kanamaru tomohiro
金丸ともひろ
1988年9月17日 生
東京都 出身
2010年4月7日に東京を出発

父(金丸弘美)が食環境ジャーナリストと言う仕事をしていて、そのせいか小さい頃からとても食に興味があります。
将来は食に関わる仕事がしいと思い、若い内に直接自分の目で食べ物ができる所から見てみたいと思い日本各地の農村漁村などを自転車で廻ってきます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター