--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/10/26 (Tue) 北風小僧の寒太郎

さむっ!
ものっそい寒いです!!

昨日は、東京で働いてたお店の、同僚だった方の御実家が山形にあり、さくろんぼ農家をやっているとの事で、お話を伺いに会いに行きました。
昼食をご馳走になり、お土産に柿と梨まで頂いてしまいました。
至れり尽くせりありがとうございました。
それと、「ゆ~チェリー」と言う温泉の無料券を頂き、ちょうど新潟方面の道の途中にある温泉だったので、有り難く頂いて、ゆっくり温泉に浸からせて頂きました。

温泉から上がり、5キロちょっと走って「道の駅おおえ」に着いた頃には気温が一気に下っていて、偉い寒かったです。

自販機の前にあったベンチに寝袋を出して寝についたのですが、風が強くなり、雨も降ってきてすぐに片付けました。
携帯で調べましたが近くに避難できそうな場所はなく、この先50~60キロ走ったら、もし運が良ければ24時間のお店があるような町があるかもしれない。
それか10~15キロほど戻れば運が良ければ24時間のお店があるかもしれない…
と、言った感じで、寒いし雨降ってるし真っ暗なので諦めてトイレに入って夜を明かすことにしました。
幸いここのトイレは非常に綺麗でした。
僕は凄くツイてると思いました。
だってこれで臭くて汚いトイレだったら、僕はきっといやいや戻る選択をしなければならなかったから、例えトイレで夜を明かすことになったとしても大変ツイてると思いました。
ですが蓋をした便座に座って目を閉じても一向にねむれそうにありませんでした。
僕は諦めて徹夜することにしました。
ただ、最初は携帯いじったり、文庫本読んだり、していたのですが、眠すぎて徹夜だけは絶対無理だと悟りました。
徹夜できたとしても次の日、自転車で走れないのでやるだけ無駄かもしれませんが。。
それであるもの全部着て、レインコートや靴を履き、外のベンチで雨に打たれながら寝る、と言うことに挑戦してみましたが、結果は2時間後に更に気温が下がって風も強まり寒さで起こされました‥
それで第3段の手として、サバイバルシートを出しました。
サバイバルシートは非常時用の道具で、2メーター×120センチぐらいの薄くて軽い金色のセロファンのような素材のビニールです。
色は金色と銀色があって、僕が持ってるのはリバーシブルで金銀両色になってます。
結構暖かくて頑丈で。
シートとして使ったり、担架の替わりに人を運ぶのに使ったり、寝袋や毛布の替わりに使ったり、水が手に入らないところで水を確保するのに使ったり、日差しを遮りたい時はタープとして銀色の方を使い、寒い時には金色を使えば陽を吸収して暖まります。
と、言った感じでまあ他にも使い道はいくらでもありますが、これぐらいにしときます。
それで、これに頭から足までくるまってベンチで寝ました。
さぞかし前を通る人は恐ろしかったかと思います。
なぜなら夜空の下のベンチの上に人型の金色の袋が転がっているのですから。
そして結果は、これも失敗でした。。
シートが軽すぎて飛ばされるんですよ。。。

なので結局トイレに座って寝ました。
ほとんど目をつむってるだけで、仮眠とも言えないような睡眠でしたが。
ですが、朝起きてみると思った以上に元気で助かりました。
まあ、昼過ぎには電池が切れましたが。

朝はとてつもなく寒かったです。
何でも昨晩から北風がビュンビュン吹いてるそうです。

なので「青い山脈」とユーミンの「春よ遠き春よ~♪ま~ぶた~閉~じればそ~こに~♪」を歌いながらなんとか頑張って長井市まで来ましたよ。

山形の駅がある街は、なんだかお洒落な食事所や、美味しいお店が多く、ジャンルにも跳んでおり非常に楽しかったです。
そして凄く山形は蕎麦屋が多い、蕎麦も美味しかったです。
また来たいです。

話は替わり、これまで果物が良く取れる東北地方をほとんど周りましたが、なんだか思った以上に日本は、果物を加工してないですね。
なんだかもったいないですね。
加工するとしても、なんだかもうパターン化した物ばかりで、ジュース、お酒、缶詰め、ジャム、パイだとか。
内部も被っていて、新鮮味にもかけていました。

スポンサーサイト

日記 | trackback(0) | comment(1) |


| TOP | next >>

プロフィール

kanamaru tomohiro

Author:kanamaru tomohiro
金丸ともひろ
1988年9月17日 生
東京都 出身
2010年4月7日に東京を出発

父(金丸弘美)が食環境ジャーナリストと言う仕事をしていて、そのせいか小さい頃からとても食に興味があります。
将来は食に関わる仕事がしいと思い、若い内に直接自分の目で食べ物ができる所から見てみたいと思い日本各地の農村漁村などを自転車で廻ってきます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。